不妊治療のひとつ卵子提供プログラム!日本の法律は?

Written by:


卵子提供プログラムとは

不妊治療のひとつである卵子提供プログラムとは、第三者から卵子の提供を受け、パートナーの精子と体外受精をおこない、受精卵を女性のお腹に移す方法です。無事に着床すれば妊娠・出産を経て赤ちゃんが誕生します。この卵子提供プログラムは、子宮には問題ないが病気などにより卵巣を摘出してしまった方、卵子が何らかの問題で受精しない方、人工受精や体外受精などあらゆる方法を試したがうまくいかなかった場合に適応される方法です。生まれてきた赤ちゃんは、「実子」として戸籍登録となります。

卵子提供プログラムにおける日本の法整備の現状

卵子提供プログラムは海外では広く知られており、この方法を利用して赤ちゃんを授かったカップルは多数存在しています。しかし日本では、卵子提供プログラムに関する法整備はできていないのが現状です。また日本産科婦人科学会もこの卵子提供プログラムについて議論を重ねたうえで、「日本では卵子提供プログラムは認められない」という声明を発表しています。ただ、100%認めないというわけではなく血縁関係や卵子提供を実施する医療機関の限定など、さまざまな条件をクリアすることで可能になる場合もあります。また日本産科婦人科学会の声明も、社会通念の変化を見ながら見直さなければならない、といったことも明記されているため、数年後には違ったものになっているかもしれません。

しかし今の日本では、国内で卵子提供プログラムを経て赤ちゃんを授かるのは非常に難しいのが現状です。そのため、海外でこのプログラムを受ける必要があります。海外で受けるといっても、支援してくれる団体もあるなど、日本人の卵子を提供している点では安心できる要素となるでしょう。

卵子提供は不妊治療には必要なものです。そのため、今では卵子を提供している方も多く、不妊治療として利用している方も多いです。