独立したいならフランチャイズ契約の特徴を理解しておこう

Written by:


フランチャイズ契約とそのメリット

独立してお店を始めたい場合には、フランチャイズ契約をするという選択肢もあります。ここでいうフランチャイズとは、フランチャイザーと呼ばれる本部とフランチャイジーと呼ばれる加盟店が契約を行うことです。契約をすることにより、フランチャイザーが持っている商標や商号の使用権を手に入れることができます。例えば、ラーメンのフランチャイズの店があった場合、そこに加盟することによりその店の商品や看板を使えるようになるわけです。

フランチャイズ契約をすることにより、有名な看板を使うことができるため最初からたくさんのお客さんを手に入れることが可能になります。また、商品開発なども特にする必要はなく、マニュアル通りに行うだけで利益を伸ばすことができる点も大きな魅力の一つです。

契約の特徴を理解する

フランチャイズ契約を結ぶ場合には、本部が用意した商品や看板などのパッケージを使える一方で、ある程度本部の裁量によって経営をしなければなりません。例えば、お店を開店する場合にチラシを作成する場面や表の看板などは、オリジナルのものを利用することはできず本部の許可の範囲内でしか行うことができません。このようにいくつかの制限はありますが、最初からレールが敷いてありますので本部に従えば順調に売り上げを伸ばすことができるでしょう。

売り上げが伸び悩んだ場合は、本部などからアドバイスをもらうことができます。本部からのアドバイスは特に別契約ではなく契約内容に含まれていることがほとんどですので、多くの場合別料金が発生するわけではありません。

フランチャイズ募集をしている企業はたくさんあります。フランチャイズは一からの起業とは違い、独立ノウハウをすぐに提供してくれます。すぐに開店したい方が良く利用されているようです。