CADとはどういうもの?手書きとどう違う?

Written by:


CADとはどのようなもの?

機械製図をコンピューターを用いてすることです。自動車や住宅、建築、服飾などの設計や製図を支援するシステムソフト。手書きによる製図よりも簡単で、製図データの修正がしやすく、データで管理や共有が可能なため、広く使われています。手書きでの作図だと、一人前になるまでに膨大な時間がかかってしまいます。線を一本引くにも均一に引かなければならないので練習が必要なためです。しかし手書きにもよい面はあります。作図というのはクリエイティブな作業であり、頭の中にあるものを図面におこす作業なので、手書きを経験している方がわかりやすい図面を作れるということがあります。仕事をするにあたっては、結局納品などの際CADを指定されることがほとんどなので覚えておいて損はないと言えます。2DCAD、3D CADがありますので用途によって選びましょう。共通のソフトウェアを利用すると、同じ画像データを共有できます。そのため共同作業の推進が可能となります。

3DCADを導入した場合の利点とは?

3DCADを使うことで視覚的なイメージが簡単になり、イメージと違った!などのトラブルが防ぎやすくなります。

体積・表面積・質量・重心等の手書きでは複雑な計算をしないと得られないデータが簡単に情報が得られたり、実際に試さなくても部品を組んだ後の干渉の検査や解析などをすることもできるので便利です。なお、試作品を作ることも比較的簡単にできます。また、曲面など複雑な形をデザインすることが簡単に行えます。

電気CADとは 電気工事の配線図面を、PCを用いて設計する事ができ、マンパワーによって行われていた設計作業を支援し効率を高めてくれます。