自由な反面、孤独に陥ってしまう危険性も?在宅ワークを選択するメリットとデメリット

Written by:


いつ働いてもいつ休んでも自由

正社員になって会社へ行って仕事をするのではなく、フリーランスなどで在宅ワークを行うメリットとデメリットはどのようなものが挙げられるでしょうか。まずメリットとしては、仕事をする時間、日にちを自由に決められるという点でしょう。会社員であってもフレックス制を採用しているところで働いているのであれば、勤務時間はある程度選択の余地がありますが、フリーランスのように夜中に起きて朝まで仕事をして寝る、あるいは一時間だけ仕事をして終わるといったことはまず不可能です。また、一カ月の半分を休み、残りの半分は毎日仕事をするといった極端な働き方もフリーランスであれば可能です。決まった時間に行動することが苦手という人にとっては非常に魅力的な勤務形態といえるでしょう。

オンとオフの切り替えか難しく、孤独に陥りやすい

一方、デメリットとして挙げられるのは、オンとオフの切り替えが難しいという点です。在宅ワークの場合、基本的に自宅で仕事をし、同じ場所で休んで寝るということになるので、会社員のように家に帰ってきたら開放感があってはねを伸ばせるというという風にはなかなかなりません。また、孤独に陥りやすいのも在宅ワークのデメリットです。夫婦二人で働いているというのであればいいですが、独身者の場合、ほぼ一日中、誰とも会話をすることなく仕事をすることになってしまいます。ただ、時間に融通が利くので、人との予定を合わせやすいというメリットを生かせば、休日に友人と会って楽しむことはそう難しくないでしょう。

在宅のコールセンターとは、会社で行うコールセンター業務が、自宅に居ながらコールセンターの仕事が出来る事です。