今こそ買い替え!LED電球のメリットとデメリット

Written by:


こんなにある、LED電球のメリット

LED 電球と聞いて真っ先に思い浮かぶのは価格が高いということではないでしょうか。実はここに来て LED 電球は価格がとても下がっています、具体的にどれぐらい下がっているかというと、同じワット数の電球型蛍光灯よりも安くなっています。

LED 電球は寿命が大変長く電球交換の手間は約10年に1度ぐらいです。電球型蛍光灯の寿命は13000時間程度、 LED 電球の寿命は4万から6万時間程度です。1日10時間使ったとして前者は約3年半、後者は約11年使えることになります。

LED 電球は低消費電力なので電気代も節約できます。電球型蛍光灯、 LED 電球それぞれ60 W 形で比べた場合、前者の消費電力は11 W、 後者の消費電力は7.3Wです。

LED 電球は紫外線をほとんど出さないため虫が寄りにくい。 LED 電球は蛍光灯に比べて紫外線の量が約1/200まで低減されていますので、虫が寄りにくいという特徴があります。 衣料品や大切な品物も紫外線が極端に少ないので日焼けすることはありません。

他にも衝撃に強く壊れにくい、頻繁にスイッチをオンオフしても寿命が縮むことがない、電気をつけるとすぐに明るくなる、などメリットだらけです。

LED 電球にデメリットはあるのか

LED 電球のデメリットは熱に弱いため、浴室など熱がこもる場所で使うと損傷する可能性があります。しかし最近では密閉器具対応の製品もあります。

蛍光灯は360度均一に光が届きますが、 LEDでは光を均一に拡散できないため場所により明暗差ができてしまいます。しかし近年では均一に拡散する LED 電球が発売されていますのでこれもデメリットにはならないかもしれません。

LEDライトパネルは従来のライトパネルと違って、軽量で熱を発しにくいので、とても扱いやすくなっています。